沖縄・鹿児島の船舶に関する手続を代理で行います。その他にも、自動車運送事や貨物運送取扱事業、貨物利用運送事業も展開。

新造船の建造について

2021年12月(予定)の就航に向けて、「クイーンコーラル 8」(4,945 総トン、1999年9月就航)の代替船として、新造船 1 隻(独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共有)を内海造船株式会社(本社:広島県尾道市)にて建造致します。

 

新造船(貨客船兼自動車渡船)は、全長約 145m、幅 24m、総トン数約 8,000 トンとなり、現行船(クイーンコーラル8)と比べて大型化により貨物並びに車両積載能力を強化すると共に、1 機 1 軸推進システム等の採用により、現行船と比べ推進性能を向上させた環境にやさしい省エネ船となります。

 

マリックスライン㈱ホームページ掲載をご覧ください。→ プレスリリース

このページのTOPへ